お庭とエクステリアのアフターメンテナンスブック

  1. 門扉・フェンスなどの取り扱い方 > 
  2. お庭のアフターメンテナンスブック > 
  3. HOME

門扉・フェンスなどの取り扱い方

(1)門扉
扉をむやみにゆらしたり、その上に乗ったりしないでください。扉のバランスが悪くなり、開閉できなくなる恐れがあります。打掛式のドアの場合、打掛をしたまま、扉を押さないでください。打掛が折れてしまう場合があります。
(2)フェンス
門扉と同様の注意が当てはまりますが、それ以外に、プランターや布団など重い物をフェンスに掛けないでください。アルミ、鋳物、スチールのフェンスは材質が柔らかいため、変形する恐れがあります。
(3)照明などの電気製品
電気製品は支障が起きた場合、自分で修理をしたりせず、必ず施工業者または、電気業者に連絡を取って、修理してもらってください。


前のページ<< トップページ