お庭とエクステリアのアフターメンテナンスブック

  1. コブルストーン(ステンシル・スタンプ・カバークリート)のメンテナンス > 
  2. お庭のアフターメンテナンスブック > 
  3. HOME

コブルストーン(ステンシル・スタンプ・カバークリート)のメンテナンス

コブルストーン(ステンシルクリート・スタンプクリート・カバークリート)は基本的にはメンテナンス・フリーです。通常は、ほこりをまめに水で洗い流すだけで十分です。
雪が降った後や、カースペースで車のタイヤが泥を引っ張ってきたときなど、ポツポツと泥汚れがつくことがあります。また、プランターに水やりをした後、日当りが悪い場所だと、目地にカビが生えることがあります。そんなときは、水洗いした後、デッキブラシに中性洗剤をつけて、拭いてください。

以上の手入れだけでシーラーが格段に長持ちします。シーラーの耐久年数は一般に5〜7年です。
シーラーが磨耗しきったら、施工業者に連絡してください。
※ステンシルクリート
生コンクリート上に、タイルやレンガ模様の目地を載せ、カラーハーデナーを塗布して押さえ、目地を撤去します。その後シーラーを塗布して仕上げます。一般のタイルでは難しい部分や円形模様も簡単できれいに仕上がり、割れや傷、そしてスリップの心配もありません。
※スタンプクリート
生コンクリート上に、カラーハーデナーとリリーサーの2色の粉を散布後、石模様のスタンプを押し、シーラーを塗布して仕上げます。施工性・デザイン性・耐摩耗性・退色性に優れ、カラーバリエーションも豊富です。
※カバクリート
既設土間コンクリート上に、目地を載せ、アクリル系の溶剤と色粉を混ぜたものを吹付し、仕上げにシーラーを塗布します。味気ないコンクリートが簡単にタイルやレンガ模様に仕上がり、ひび割れの補修・防止にも役立ちます。その耐久性は各種試験で証明されております。比較的低コストで、デザイン性・施工性にも優れ、テラス・ベランダ・屋上の景観舗装、店舗のフロア等にも適しております。


前のページ<< トップページ >>次のページへ