お庭とエクステリアのアフターメンテナンスブック

芝生管理
芝生のメンテナンスには、芝刈り・施肥・病害虫防除・目土掛け・エアレーション・ブラッシング・水やりなどがあります。
(1)芝刈り
高麗芝・野芝の場合、5月中旬から10月中旬にかけて、年間7回程度は芝刈りをしてください。又、秋から翌春にかけて生育する越年性雑草が多く発生した場合は、冬期刈り込みをして、雑草の結実を防いでください。西洋芝の場合は、4〜6月と10〜11月が芝刈りに適しています。 刈り込みの高さは、春、芽が出る時期には枯れ葉の除去もかねて低く刈り込み、生長にあわせて、徐々に高くしていき、期間中2〜3cmの刈り込み高を保ってください。
芝草は、直立茎が長く伸びた後に刈ると葉が除去され、外見上美しくないだけでなく、踏み圧に弱くなります。刈り込みによる葉の除去は定芽を残し、現在の葉の2/3は残すようにしてください。
(2)芝生の施肥
美しい芝生を長期間維持していくためには、年3回以上の施肥が必要になります。
1回目 晩秋に耐寒性を強め春の芽出しを良くするために遅効性肥料を施す。(元肥)
2〜3回目 4〜6月の間に速効性肥料を施す。(追肥)
1回の施肥量はなるべく少なく、何回にも分けて施肥する方が有効です。
施肥は、芝生面にムラのないよう均一に散布するとともに、アプローチなどの舗装面に散らばらないよう注意してください。肥料の流亡や雑草の肥料吸収を防ぐため、芝刈り・除草後に肥料を散布するとより効果的です。

※注意:雨が降った直後で葉が濡れているときは肥料が葉の面に付着して、肥料やけを起こすので施肥作業を行わないでください。又、地表面が乾燥しきっているときにも、作業をしないでください。
(3)目土掛け
芝生に3〜6mmの厚さに薄く土をかける作業を目土といいます。
目土の目的は、芝生の凸凹を直す、浮き上がった株を抑えるなどです。
目土には雑草の種が混ざっていない土を選びます。(山砂・川砂・除塩海砂)
目土は一般的には春先の芝生が青くなるまでにしますが、その後も必要に応じて行ってください。
( 夏場を除く)
目土した後、肥料も与えると良いでしょう。
(4)芝生の病害虫
芝生の病害には、サビ病・黄化病・ブラウンパッチなどがあり、外観を損ない、生育を低下させ、枯死させます。虫害には、線虫・ヨトウ虫・コガネムシ類などがあります。それぞれの対策については、私たち専門の造園業者にお訊ねください。
(5)水やり
芝の水やりは、あまり多くしすぎると、雑草の発芽・浸入を助けたり、土壌の養分を流出させたり、病害虫の発生を促すなどの悪影響があるので、注意してください。
水やりは特に夏の暑い時期は、なるべく早朝に行ってください。水やりの量の目安は、6.0リットル/uです。
(6)エアレーション
エアレーションは、土壌の通気を良くし、芝の老化を防ぎ、水分の浸透を良くするために、芝生地に穴や、切れ込みを入れる作業です。
エアレーションの時期は、高麗芝などの場合、新芽の動き出す3〜4月に行います。目土掛けの直前に行うと効果的です。
エアレーションの方法は、スパイクを回転によって土中に差し込み、土壌をえぐり取ります(コアリングといいます)。コア(穴)の深さは、7〜10cm程度、間隔は5〜15cm程度で芝生全面に、ムラなく行ってください。
(7)ブラッシング
ブラッシングは、水平に伸びた芝生を立て、刈り込みの効率を高めたり、枯死した芝生を除去することで、芝生の更新を促すために行います。生育期間中、刈り込み前に行ってください。

ブラッシングの方法は、レーキ、ホークなどを使って、芝生面を丁寧に回数を多くひっかきます。発生した枯葉、枯茎は、すぐに処理し、ブラッシング後はきれいに清掃してください。


前のページ<< トップページ >>次のページへ