お庭とエクステリアのアフターメンテナンスブック

  1. 樹木の刈り込みや剪定 > 
  2. お庭のアフターメンテナンスブック > 
  3. HOME

樹木の刈り込みや剪定

(1)目的
生垣は刈り込むことによって目をつまらせ、目隠しの効果を大きくします。日当りや風通しを良くすることで、病気・害虫がつきにくくなります。

(2)刈り込み、剪定の時期
針葉樹10〜11月頃と春先
常緑樹=春の新芽が伸びる5〜6月頃と生長が休止する9〜10月頃
落葉樹=新緑が出揃って葉が固まった7〜8月頃と落葉後の11〜3月頃

ただし、花木の場合には、より多くの花を咲かせることが目的となりますから、花芽の分化時期と位置に注意して剪定する必要があります。
樹木の剪定は、なるべく私たち専門の造園業者に作業を依頼してください。




前のページ<< トップページ >>次のページへ